いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

livedoorblogの星が二つ星から三つ星にランクアップしてました!これも皆さんがアクセスしてくださったおかげです。誠にありがとうございます。

ところで・・・。

俺、気付いちゃったんだけどよ...究極の受験対策って「精神論」じゃないのかい?

私が師事していたLの講師の先生は、「ほかの予備校に精神論だけを押し付けるような講師がいますが、精神論だけでは受かりませんからね」とおっしゃっておりました。

私はこれに異を唱えたいと思います。

合格に必要と思われるのは、精神的な準備と、受験に必要な書籍を準備、そしてこれらをもとに受験勉強を戦い抜くということです。

よく心・技・体(これに智を加えるところもありますね)と言われますが、必ず「心」が先に来るでしょうに。「心なくんば立たず」です。

これは司法書士試験に限らず、あらゆること、仕事でもそうです。すべてに通ずる普遍的なものなのではないかと思うのです。まぁ、普遍的なものばかり探しているとエセ哲学者になって青い鳥症候群になるのでほどほどにしますが...。

私の心は一ヵ月持つでしょうか?いや持たせなければなりません。竹下講師は、

「物理的に不可能でない限り絶対に可能とせよ!」

とおっしゃいます。

私が試験に合格するよりも、地球の北極と南極を入れ替える方がはるかに困難です。(昔何回か替わったらしいですが・・・)

私は行政書士試験に合格するのに長い時間を要しました。チンパンジー以下の扱いもされました。でも、受かってしまった今は、私を馬鹿にした方々の鼻をあかしてやったと思ってます。インターネットの世界は極めて無責任で学習してないのにもかかわらず人の論評をする人も多いのでね。

肩書なんてなんでもいいんですよ。〇〇評論家、〇〇研究家、〇〇愛好家、みんな専門家としてマスコミにも登場します。無資格でもいいんですよ。でも司法書士に関しては、能力担保のために試験制度が設けられているわけですから、長いものには最終的に巻かれるしかないんですがね(笑)

結論!嵐のようにやるだけやること!(あくまでも合理的に...。)

↓なるほど!と思ったらclick!
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村