tak3000

新竹下合格システム|港町の司法書士受験日記|其の二

司法書士試験への挑戦を主に書いています。 行政書士は2018年に合格し、開業準備中です。

司法書士民法・不登法復習記録

28 8月

今日の午前中は、親族編の過去問全部潰しました!

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

やっと・・・過去問アレルギーを乗り越えました!

2019年向けのパーフェクト過去問の民法3冊目、そのうち親族法を昭和まで遡って潰しました。

まぁ、成年年齢の改正がかなり後に控えてますが、来年の試験には関係がないので、直前チェック+模範六法→直前チェック→パーフェクト過去問→直前チェックと、直前チェックを中心に組み立てました。

親族・相続編はイマイチとっつきにくいというか、学習の方法が見えなかったのですが、明確になりました。

本試験で親族2問は取れるイメージが完全に出来ました。

ここまでの民法などの学習や得点戦略をまとめてみると↓

憲 2/3
刑 3/3
民(2/20)←親族編のみ正解とした前提
商(0/9)

すると、7/35は安心して得点の計算ができるわけでして…。

まぁ、それよりも物権・担保物権どうにかしろよと言われると何も言えませぬが・・・。

とにかく積み上げです。巨大な敵は細分化して、少しずつ攻略していくのです(語録)

さて、またパソコン閉じて、インターネッツの波乗りをせずに次の活動に移ります...。


にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
3 1月

時間とカネの無駄...。

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

本日は行きつけの漢方薬局の初売りに行ってきました。
まぁ、漢方を信じるか信じないかはその人によるとして、血液を巡らせる薬と、「補腎薬」といって人間の精気を養うお薬を買ってきました。

半月分で5,000円ですが、冬の日照不足と寒さでエネルギー不足になる私の身体をサポートしてくれるありがたいお薬であり、これはおカネを有効に使っていると思います。

しかしながら、話は変わりこれまでの私の学習態度といったら!

竹下先生がガイダンス動画で毎度おっしゃっている、「時間とカネの無駄」そのまんま!

今日の朝と昼間の数時間だけで、もう6時間の勉強を終え、10時間に迫る勢いです。合格者の方々は10時間はアタリマエにやっているとお聞きしますが、「俺にもできんじゃん」という感じ。

むしろ、今までなんで出来なかったの?と問い詰めたいところです。

確かに健康面では最近調子が良く、問題ないエブリデイを過ごしています。そうであったとしてもですよ、2016年のように慢性副鼻腔炎の手術で受けられないということはないでしょうに。もちろん具合悪かったですよ。でも、鼻にたまった膿の臭いを放ちながら、這ってでも行けたんじゃないかと今は思ってます。

あのときはTACさんの合格サポート制度で受講料が50%offでした。それでも大金を無駄にしたことは事実です。

今年はパック生として受験準備の計画を立てていますが、今年は絶対に負けない!

blog主、熱くここに語る...。


【合格祈願グッズ】オクトパス君ストレートde絵馬【ゆるキャラ】



にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
6 7月

理由が言えねぇ…。






いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

試験直後で悲喜こもごもな状況でしょうが、それは誰もが同じですよね。私は悲しい方ですが...。

私の2018年司法書士試験は、非常に中途半端な受験で終わってしまったなぁと反省しています。悔いの無いように過ごすということも、なかなか難しいものですね。

なぜそう思ったかというと、直前チェックのチェックポイントを答えるということはできるのですが、答えるのに突っかかってしまったり理由を言えなかったりしました。

つまり、字面ばかり追った学習で、モノゴトの本質を突いた勉強ができていなかったんですね。

あとは、理解を重視しようとして講義のメモなども沢山とっていましたが、それ以前に必要な知識を覚えるということをしなかったのも反省点です。

とにかくこれからは、直前チェックのチェックポイントを全て諳んじて言えることと、理由まで答えられるようにしたいと思います。

片手落ちの勉強をすごく反省しています。

今回はここまで。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

29 3月

物事には時機というものが必ずある...。

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

「時期」ではありません。「時機」です。機会とかチャンスということを意味します。

私は今、受験準備において結構難儀な問題に直面しています。

それは...。

テキトーにマークすると当たる確率が異様に高いのです。当てずっぽうで初見の問題も解けてしまうものだから、何が問題点かを把握する前に、ただ正誤をつけておしまいにしてしまいました。

根拠聞かれると、たぶんマゴマゴします...。

宅建の時もそうでした。合格証は残るんですが、知識として何も残るものがない。

とても悲しいことです。

これまでの私が抱えていた虚無感というか、充実感の無さはここにあったのか!と気づいた今がチャンス!

嵐のように練習するという動機づけになりました。

さぁ、頑張るぞ!don't be late!

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

24 1月

鬼門は債権編!

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

少しずつですが、またblogを継続する元気が出てきました。本当に気分の波というか、盛り上がり・盛り下がりの変動がすごいですね。

まぁ、これもまた個性の一つでしょう。

人が簡単に出来ることをいっこうに出来なかったり、また、人が逆立ちしても出来ないことを簡単にやってのけたりと、ちょっと変わってますね。えぇ。

昨年までの司法書士試験の受験準備においては、ブリッジ講座で挫折してしまい、記述という弱点を作ってしまいました。

挫折の原因はただ一つ、実体法の理解不足です。

昨日もブリッジ理論編の復習で講義を見ましたが、たまに債権編の知識がないと正誤のつけられない問がブリッジ不動産登記法理論編にあります(代物弁済・買戻しなど)。

竹下先生は、
「今更、買戻しが分かってないっつーことはないっすよね(睨み)。受験生とは呼べませんよ!受かる人なら当然知ってます!間違える余地がありません。」
とおっしゃいましたが、すっかり知識がぶっ飛んでました(´;ω;`)

債権編はデュープロセスⅠで、民法総則の次にやるので相当放置プレイでした。
やばいこれアカンやつや!債権編復習せんと!(焦り)...。

ただ問題なのは、過去問の感じが身体に染みついて、ハイレベル問題集などで初見の問題があってもフィーリングで正解してしまうのが嫌です。知識がないのに正解して何がいいんだか自分でもよく分からなくて悲しくなりまする...。

さて、ポエムはこのへんにしておくか...。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

プロフィール
港町に生まれ港町に育ちました。私の受験生活はこの街とともにあります。2018年に行政書士試験に合格。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
簿記の講師承ります
以下の記事が『資格LIVE』というサイトで紹介されました!

【現役簿記講師監修】簿記3級・2級・1級の試験問題の違い、勉強時間や勉強方法を解説!(オススメテキスト、問題集も紹介!)

https://shikaku-live.jp/boki-4/

記事検索
ブログ村
お問い合わせ

blog主にこっそりと言いたいことがある人はコチラ! ご意見・ご要望お待ちしております。

名前
メール
本文
プライバシーポリシー
このblogにコメントした方の情報は、個人情報保護法等関係法令に従い適切に管理いたします。 公的機関からの調査等の場合を除いて公開いたしません。