tak3000

新竹下合格システム|港町の司法書士受験日記|其の二

司法書士試験への挑戦を主に書いています。 行政書士は2018年に合格し、開業準備中です。

読書録

12 11月

旧態依然?一日DP50頁・・・。

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

最近は司法書士受験生の主要テキストは『オートマシステム』なのでしょうかね。多分そうなんでしょう。

私は『新版デュープロセス』をメインテキストとして使っており、その他の基本書はすべて処分してしまいました。デュープロセスを完璧に近くすることすら困難なのに、他の本に手を出してる場合かと。

講座はアドバンス本科生を受講しております。今は遅れて始まった講義に追いつくことが目標です。

そんな私は「講義前の予習→講義3時間→復習」の流れで1講義につき9時間から11時間かかります。これが多いか少ないかはわかりません。

実に不安なものです。

そこで、精神安定剤的効果を求めてデュープロセスを一日50頁読むことを自分に課しました。これも多いか少ないかは分かりません。もちろん問題意識を持ちながら読み、条文も逐次引いていきますので結構な時間がかかります。

少し前なら精神的な面を気にして、朝から真水を頭からかぶっていたのでしょうが、それで直接使える知識が増えるわけではありません。

直前期と言われる4月までは5か月を切りました。本試験までも時間があるわけではありません。

オートマシステムを何回転もした!という合格体験記は多いものです。じゃあデュープロセスを何回転もしてみよう!最終的には模範六法を読んだらデュープロセスを思い出せるレベルまで持っていきたいと思います。

無謀なことを本試験前に課すことは半ば丁半博打です。でもこの時期にまだいろいろ試していくことは「試行錯誤」と言っていいのではないでしょうか?

「こうすれば受かるかも知らん」

・・・というのはだんだん見えてきました。でも、その理想像を現実化する手段まではまだ見えてません。まだ修行が足りぬな。


にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
7 11月

自分はまだ受験生...模範六法を分冊することに!

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

本日もたくさんのアクセスを頂きまして有り難い限りです。「法務六法の関連条文なし」で肩すかしを食らってしまったので、模範六法を分冊します。以前は分冊しないと宣言したのですが、学習スペースが限られていることと、持ち歩きに便利であるという必要性があります。

都市圏に住んでいれば分冊してくれる会社もあるんでしょうが、田舎町にそんなのはないので・・・。

過去記事がURL変更によりアクセスできなくなったので、写真付きで載せてみます。
サイズが大きいのでPCでの閲覧を推奨します。


まず必要なものを揃えます。
模範六法2021版、表紙紙、大きめホッチキス、カッター、製本テープ。

DSC_0002















まずは憲法編の分冊をしたいので、必要なところにカッターを当てます。
あとはズバッとやっちゃってください!



DSC_0003















するとこうなります。アジの開きのようです。

DSC_0005














































その次は表紙で挟んで大きめホチッチキスで留めます。
ポイントは大きい針を使えるように、一番最初の青い装置?を購入しておくことです。
これでガシャンとやれば一発で留まります。

DSC_0006


あとのはみ出した表紙はカッターで取り除きます。
そして製本テープで形を整えれば、憲法編の完成です!
DSC_0009


いかがでしたでしょうか?

最後に「憲法編」と書いたラベルを貼れば分かりやすくなります。
役立ったと思ったらポチっとお願いします↓

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

やり方の質問等あればコメント欄で受け付けます。必要なものが分からないというお話が出たら、べつに記事を立てたいと思います。
25 10月

令和3年模範六法は分冊しません!

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

昨晩はあまり眠れませんでした。でも睡眠時間の割に質の良い眠りを得られたと思います。やるべきことを全部やってベッドに入ると一瞬で眠れますね(^_-)-☆

お話の流れとしては、昨日blogで書いた「模範六法を分冊すべきか」というちょっとした選択ですが、結局分冊しないことにしました。
携帯用には法務六法に重要な参照条文の番号を書いて持ち歩こうと思います。

この選択が吉と出るか凶と出るか・・・。

でも合格者と不合格者の数だけ勉強法があり、勉強法の中に無数の選択肢があり、それを正しく選べるかが問題なんじゃないかと思うようになってきました。根性だけでなんとかなる試験ではないことはやっと分かりました。

「モーレツにやる」

というのは自分の勉強法を確立したうえでやらないと徒労に終わってしまう可能性の高い、水盃一杯の片道燃料と同じではないかと思うようになったのです。でも最後はモーレツにやる必要があるんでしょうね。

それにしても分冊は自分でできるものです。そのスキルは他の資料や教材をまとめるにも役立ちますよ。何より愛着がわきます。

さて、朝風呂に入って図書館に行く準備などをしようと思います。


にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
24 10月

明日、令和3年版の模範六法が到着予定|分冊すべきか?

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

最近は仕事と学習の両立が上手くいき、心身ともに充実した毎日を過ごしておりました。blog更新は滞ってしまいましたが・・・。

ところで、あした2021年『令和3年版模範六法』が届きます。本当は法務六法で今年の学習をする予定でした。しかし私の家は山の中。街には六法を見比べられる大きな書店はありません。まさか条文の後に書いてある関連条文がバッサリ無くなっているのには閉口しました。

これは三省堂様に「受験生の声として読者カードを出しました」と要望したいと思います(まぁ、一ベテの悪あがきですが・・・)

そこでAmazonですよ!

コンビニから代金を支払って明日到着予定。分冊するかどうか悩みます。

毎年分冊しますが、司法書士試験に関係のない部分がゴミになってしまい、非常にもったいないのです。分冊するためのツールは揃ってるんですが、いい加減分冊しなくてもいい身分になりたいものです(笑)

登記六法もあるし、身軽にしといたほうが良さそうですね。

分冊の様子を見たい方はclick!
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
28 7月

司法書士試験における学者本について・・・。

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

URL変更のため、迷いながらも当blogに来ていただいた方には、大変ありがたく思っております。
いつも見に来ていただいている方は、本当にありがとうございます。

今回このエントリでは、意見が割れる問題を正面から書いてみようと思いました。

それは…。

学者本です!

予備校に通っていると、学者本は害悪(余計な不完全な知識が入ってしまうという意味)だと教えられます。もちろん講師によっては一定の書籍を勧める場合もありますね?

私の試験では、予備校の教材以外は受験準備に使うべきでないと思います。事実そう指導されているためです。

しかし私の部屋には学者本があります。
芦部先生の憲法、商業登記ハンドブック、山野目先生の不動産登記法等々・・・。

これらは、「趣味」で読んでいるのです。

受験準備でこれらの本を使おうと思ったら、私の脳ミソではパンクしてしまいます(笑)だから、食後でちょっと眠く、学習に集中できない時などにパラパラと読むのです。

すると「こういう趣旨だったのか」「これは先生も説明していたな」などと気付くことが多く、有益に中途半端な時間を使うことができるのです(個人の見解です)

そして私の過去の話になりますが、専門学校時代に税理士試験の受験資格となる「全経簿記上級」「日商簿記1級」の学習をしているときにも学者本を読んでいました。

今でも忘れません。千代田邦夫先生の「会計学入門」という本です。これで試験を戦えるほどの濃密さではありませんが、基礎的な考え方を身に付け、応用が利くようになったという点で感謝しています。

なんというかですね、実務家が書いた本よりも学者の先生が書いた本の方がすっきり頭に入るんですよ。でもそれだけで実務に入ると、頭でっかちの使えねー野郎になってしまうので要注意!

何事もバランスを大切にしましょう(上から目線)

なんか納得いったとか、ムカついたという方は、↓ポチっと押してストレス発散!

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
 
プロフィール
港町に生まれ港町に育ちました。私の受験生活はこの街とともにあります。2018年に行政書士試験に合格。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
関連検索
簿記の講師承ります
以下の記事が『資格LIVE』というサイトで紹介されました!

【現役簿記講師監修】簿記3級・2級・1級の試験問題の違い、勉強時間や勉強方法を解説!(オススメテキスト、問題集も紹介!)

https://shikaku-live.jp/boki-4/

記事検索
ブログ村
お問い合わせ

blog主にこっそりと言いたいことがある人はコチラ! ご意見・ご要望お待ちしております。

名前
メール
本文
プライバシーポリシー
このblogにコメントした方の情報は、個人情報保護法等関係法令に従い適切に管理いたします。 公的機関からの調査等の場合を除いて公開いたしません。