tak3000

新竹下合格システム|港町の司法書士受験日記|其の二

司法書士試験への挑戦を主に書いています。 行政書士は2018年に合格し、開業準備中です。

改正民法講義

19 1月

[yarinaoshi]って言うんだぜ!

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

今日は卓球の全日本選手権がテレビ放送されていました。毎年みかんを食べながら。コタツで一人解説をするのですが、今年はそんな場合ではありません!

3月に伊藤塾さんのプレ模試があり、ここである程度の点数を取ることが当面の目標となります。
もちろん照準は7月の本試験に合わせてありまするが・・・。

これまでの受験準備や模試への取り組みの姿勢を反省し、「やり直し」をすることは以下のとおりです。

改正民法への対応

改正民法・・・舐めてました。
下の見出しでも書くことですが、改正点に目を奪われ過ぎて、不登法とか商登法の択一がおろそかに・・・。

blog主、ばかー(←キョエちゃん風に)

変に順番に拘って、講座は頭から一個ずつやらなければいけないと、空回りして貧乏ゆすり...。

改正民法の中でも「貸借型」の契約に苦手意識を持っているので、何とか取り返します。
 

改正のない物権編や親族法を仕上げること

上でも書きましたが、改正ポイント以外にもやること沢山あるだろうに...。

物権編、登記法、親族法、記述式、マイナー科目・・・。
やること山ほどあったはずなのに、「木を見て森を見ず」でした。

今になって思いましたが、私はなんと馬鹿なのかと(笑)
一人で部屋で転げまわって、ギャハッハと笑ってました←ホントの話

人間て絶望しすぎると、笑っちゃう生き物なんだと学びました。

でも、残り時間が少ないとはいえ、貯金はあります。
試験委員の先生に一矢報いる覚悟で受験準備をしようと決意しました。
 

記述式の雛形を覚え、解法を確立すること

これは、とても大きな課題です。初受験時は「勉強すれば書けるようになるんじゃね」と安直に考えていましたが、それが烏賊の〇〇!(笑)


雛形を知っていることは大前提で、それをどう組み合わせて書いて登記記録に表現するかということは分かっていましたが、私のやる気が足りなかったんでしょう。模試でも本試験でもスッテンテンの点数です。

そのためいろんな予備校の講座や市販の本を取ってみましたが、結局知識がとっ散らかるばかりです。

竹下先生の過去問分析講座の記述式の解き方をよく研究して、もはや心中(受かることを前提に)する覚悟です。

その前に雛形もう少しやろうね、坊や。 

試験から逃げない心を創る

これは簡単。受ければいいんです。

悪い点数が予想されると、逃げる癖があるので、結果は公開します。逃げません。

皆さんに叩かれて叩かれて強くなっていきます。

雑草魂は捨ててませんから(キリッ
 

やり直しのまとめ

仕事は成功するまでやり直しが待っています。
受験や学校時分だけじゃないでしょうか、ミスを許してもらえるのは。

やり直しは、悔しいけど苦しいけど、自分を強くしてくれます。
自分の仕事から逃げずに、ミスをしたところは自分を律してやり直しをします。

反復練習と思考力の養成に勝るものは無し。

今までさんざん失敗したけど、成功もしてきたじゃないか。

今回が成功する番だ!負けるもんか!




にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

22 12月

衝動を抑えきれない...。

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

コメント欄に、H28年度合格者様から有難い応援の言葉を頂戴しました。

これまでの私が失いかけていた・・・いや・・・もはや失っていたのは、衝動と情熱です。

竹下先生の基礎講座では、
「信念と情熱もって、死ぬ気でやってください。死にませんから。」

これを合言葉にして2015年の基準点突破がありました。

今はそんな言葉はどこかへ消えて、ただの放蕩息子になってしまいました。

そして何よりも、この試験にかけることにしたあのときの、強烈な衝動を思い出しました。

強烈だからこそ、自分を強くしてくれるし、痛めつけられる。

そんなバックグラウンドを抱えて、民法改正講義を再聴講していました。

債権総論で意識不明になりかけたときに、竹下先生の言葉が響きました。

「条文やテキスト読んで分からないってことはないっすよね?日本語で書いてありますから!」

エンジンはすこぶる上々、燃料満タン。

衝動制御障害がある方が好きだ。





にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
1 11月

民法改正対策講座(竹下クラス)1回目感想

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

これまで竹下先生の2020年向けアドバンス本科生で学習していました。

ブリッジ講座は安定して受講できていたのですが、過去問分析講座に苦戦しています。

なぜなら頭が改正民法と現行民法でごちゃまぜだから…。アタリマエですね。

・・・ということで、8月中に申込めば無料で受けられた「民法改正対策講座(竹下講師)」を受講することとし、一回目をさっき終えました。

少し前、もう講座は取っていたのですが、「竹下クラスなら予習前提だな」という第六感が働いたので、新旧条文の照らし合わせを行い、分からない言葉はインターネットや手元の書籍で調べて疑問点を無くした上で受講しました。

感想は・・・。

予習の甲斐が合って分かりやすいし、理解できたつもりのところもしっかり確認できました!

しかしながら時効のところで

「条文をしっかり読んでれば出てくるという疑問」

が私には出てこなかったので、修行が足りない(読みこみが甘いか集中していない)と反省中です。

総則編は自力で何とかなったのですが、債権編が全然出来てませんでした。反省をしつつ復習して次の講義に臨みたいと思います。

たぶん今までで一番進化してると思います。来年が楽しみです。



にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
29 10月

もうね、あほかと。

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

今日は自分語りが半分、真面目な話が半分です。

過去問分析講座の1回目が終わりました。やはりこの間書いた通り、復習にも6時間50分かかりました。自分の能力の低さを嘆くばかりです。

「各問題の解答解説は、読めば分かりますよね?書いてあることまで読んで聞かせるようなマネはしませんからね。」という講義方針なので、こちらも準備や復習の手間がかかります。

最近は便利なテキストが出てきて過去問番号が最初から書いてあるとか、講師の指示で予習は要らないとか、挙句の果てにはいちばん持って来なくていい教材は六法だとか...。

初心忘るべからず。

予習→講義→復習というアタリマエのことが、社会受験生対象の予備校講義で擦りこまれてるんじゃないかと思いました。

私がいちばん点数を取れて、記述もチョロッと書けた初めての試験が2015年。

それ以降は病気になったり、怪我をしたり、勉強不足だったり、変にプライドが高くて受験拒否とか、訳も分からないまま過ぎました。

あれから5年!(きみまろ風に...

たぶん一番できなくなってると思います。なので、改正民法に対応できてないまま改題済みの過去問分析講座を受けても、あたら時間を無駄にして、何を得られているのでしょうか?

そんな状況を打開すべく、8月中にアドバンス本科生を申し込んでおけば無料だった「竹下講師の改正民法講義」をweb受講してます。

まさに時は金なり。理解も早まったし、それにかかる時間も短縮できてきてます。

FPで「お金の大切さ―」とか謳ってますが、自分のお金の管理をしっかりしろと(笑)

まぁ、お金を払ってるから真剣に受講できるという部分もあるので、そんな風に考えて自分を納得させようとするテスト中です。

今回は以上です。



にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
プロフィール
港町に生まれ港町に育ちました。私の受験生活はこの街とともにあります。2018年に行政書士試験に合格。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
簿記の講師承ります
以下の記事が『資格LIVE』というサイトで紹介されました!

【現役簿記講師監修】簿記3級・2級・1級の試験問題の違い、勉強時間や勉強方法を解説!(オススメテキスト、問題集も紹介!)

https://shikaku-live.jp/boki-4/

記事検索
ブログ村
お問い合わせ

blog主にこっそりと言いたいことがある人はコチラ! ご意見・ご要望お待ちしております。

名前
メール
本文
プライバシーポリシー
このblogにコメントした方の情報は、個人情報保護法等関係法令に従い適切に管理いたします。 公的機関からの調査等の場合を除いて公開いたしません。