tak3000

新竹下合格システム|港町の司法書士受験日記|其の二

司法書士試験への挑戦を主に書いています。 行政書士は2018年に合格し、開業準備中です。

反省

22 2月

包括的基本権、法の下の平等

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

今回は久しぶりの憲法の更新です。デュープロセスを読んだまま放置していたので、改めて読み直す結果となり二度手間になってしまいました…。

包括的基本権については、「13条の幸福追求権をどうとらえるか、または判例の結論をそのまま聞く」という、二つの出題パターンがありました。

過去問では権利性肯定説、権利性否定説の対立を聞く問題があったり、京都府学連事件の判旨をそのまま聞く問題など様々でした(H17-1-オなど)

新しい人権に関しては、個別的に考察すると「人格的利益説」が通説でした。これに対する批判というか反対の考え方として、一般的自由説がありました。この考え方に基づくと、新しい人権が増えすぎて、「人権のインフレ化」を招くおそれがあるという批判がありました。

そして!プライバシー権については、私はこれまで誤った理解をしていました(´;ω;`)

プライバシー権の自由権的側面と社会的側面をごちゃ混ぜにして覚えていたのです。だから行政書士試験でも間違えたのです(´;ω;`)そこ以外の判例の結論は全て覚えていただけに、悔やまれてなりません…。

環境権については、判例には真正面から具体的権利性を認めたものはありませんでした。


ここからは「法の下の平等」です。

形式的平等と実質的平等、絶対的平等と相対的平等、これらのテーマについては学説問題が一題出題されていて、手間のかかる問題でしたが何とか正解することができました。

あとは、法の下の平等の意味として、H22-1で聞かれた立法者拘束説と立法者非拘束説の対立です。判例は立法者拘束説に立っているものとみることができました。

今回はここまで。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

1 2月

合格発表から一夜明けて…

さっき(2017/2/1)に書いた受験用日記より引用↓

平成28年度の行政書士試験は不合格に終わったわけだ。不思議と悔しさはない。自分が一生懸命にやった結果がこれなのか、それとも大して身も入れずにやったから未練が残らなかったのか…。まだ気持ちの整理はつかないよ。

ただ一つ言えることは、今年中に行政書士になれる可能性は0になったということだ。「物理的に不可能でない限り可能にしろ」なんて書いておいて、この有体じゃなぁ…。

きっと何度もチャンスがあると思ったからいけなかったんだ。決めるときは一発で決めないと。今まで受かった試験は全部一発だったじゃないか!

行政書士試験を受けるのは後にも先にもあと一回だ。


以上引用終わり。

一発合格の価値はここにあるんですね。ダラダラ受験生らしき生活を続けても、ダメなものはダメなんです。受かってない身分でいうのもなんですが、そういうことなんです。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村

プロフィール
港町に生まれ港町に育ちました。私の受験生活はこの街とともにあります。2018年に行政書士試験に合格。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
関連検索
簿記の講師承ります
以下の記事が『資格LIVE』というサイトで紹介されました!

【現役簿記講師監修】簿記3級・2級・1級の試験問題の違い、勉強時間や勉強方法を解説!(オススメテキスト、問題集も紹介!)

https://shikaku-live.jp/boki-4/

記事検索
ブログ村
お問い合わせ

blog主にこっそりと言いたいことがある人はコチラ! ご意見・ご要望お待ちしております。

名前
メール
本文
プライバシーポリシー
このblogにコメントした方の情報は、個人情報保護法等関係法令に従い適切に管理いたします。 公的機関からの調査等の場合を除いて公開いたしません。