いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

最近はいろんな予備校さんからパンフレットやバックアップ模試の案内が届きます。いかに最新の傾向に対応しているか、法改正はどうか、講師がどうしたこうした...。

私は、一番分かりやすいと感じるデュープロセスから変える必要がないと思っています。(むしろ、デュープロセスすらきちんとこなせていないという現状ですが。)

いろんな情報があって、受験生にとっても取捨選択が必要になりますね。

受験生の減少で予備校はいろいろ考えるんでしょうが、結局のところは問題を作る法務省側の出方次第ですし、何につけても「些末なことである」ということです。

テキストに過去問番号を振るのが大変そうだから最初から書いてあるとか、膨大な数の判例先例を覚えなければならないとか、条文を引くことの良否だとか...。

今の私から言えば、「極めて些末なことであるということです。」

合格に必要だと思ったら何でもやれよ!勝手にしろ!

最近はそういう風に思うことにしています。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村