tak3000

新竹下合格システム|港町の司法書士受験日記|其の二

司法書士試験への挑戦を主に書いています。 行政書士は2018年に合格し、開業準備中です。

資格試験

1 9月

やる気なし夫からの脱出...。

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

やる気を取り戻した、blog主でございまする...。

blogを再開したところ、多くのアクセスを頂いており、大変うれしく思います。

八月(2018年)は、やる気を全く無くして勉強時間は一カ月で20時間いったかな?といった具合です。

もちろん資格以外にやることを見つけた上でのことです。でも、それが自分の目標である資格をやらなくてもいいという言い訳にはなりませぬものね。

「資格試験はやりたい人だけがやればいいの!辞めたい人はどうぞ辞めてください」という竹下先生の言葉を思い出しながら、自分は本当に受かる気があるのか?そもそも資格を目指すだけの動機と覚悟があるのか…等々、いろいろ考えました。

資格試験は受かるまでやるか、諦めるかの二者択一です。

最近の私は別に諦めることが格好悪いと言うようには思わなくなりました。でもそれ以上に受かるまでやりきりたいという思いの方が強いことに今更気付いて、やる気が復活しました。

今年の八月はあっという間に過ぎ去りました。

私の人生の中でも感動の連続で、忘れられない一カ月でした。輝ける日々へと向かう道をもう一度見つけられました。

あとは自分に言い訳しないで、押しつぶされるほどの重荷を抱えて圧倒的な努力をしたいと思います(宣言)

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
29 10月

資格試験は合格するか、諦めるしかないの!

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

昨日の記事↓
http://mulala.blog.jp/archives/72917713.html
を書いた後、倒れてしまいました。

しばらくは、新たな仕事を引き受けるのもやめ、おとなしくしていようと思います。
今年の行政書士試験は諦めたいと思います。

直前期に頑張れない人間が試験にエントリーする資格もないですし、そもそも自分の健康管理すらできない人間が人様に何をアドバイスできるというのでしょうか?

昨日の記事で「難しく考えないことにした」と書きましたが、やっぱり考えてしまいました...。

まずは健康状態を少しでもよくして、試験を戦える身体にすること。そして精神的にも鍛えることとしました。

療養生活に入ります。

にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

15 11月

ピーターパン

以下、2016年7月14日の日記より引用↓

自分は社会人として向いていないんじゃないだろうか。
確かに学生のときは、成績は悪くなく卒業式で表彰もされた。資格を取得するという結果も出した。
友人と飲みに行くのもそれなりに悪くなかったな。
でも、そのころから思っていたことだけれど、社会人になれば人に頭を下げることも多くなるし、野暮用も喜んで引き受けるのが新人の美学だともいわれるものだ。
本当に自分はそれがやりたいのだろうか。
そもそも自分がやりたいことも分からず、進路を決めていいのだろうかと思ったものだ。
これは今も同じだ。
いかにして「働かずに金を稼ぐか。喰っていくか。」そればかり考えている。
いい年をした男が考えることにしては、あまりにも未熟だろうが、それは世間でいう常識に囚われるからそうなのであって、自分の好きなことをして、収入が少なくてもいいじゃないか。
ハッキリしているのは、貧乏でもいいから自由でいたいということだ。
ただ、最低限の生活を確保しなければいけないのは紛れもない現実問題だ。
これは病気が治るまでに真剣に考えなければいけないな。

以上引用終わり。

ようするに自分は、「やりたいことをやって生きていければそれでいい」ということなのかもしれません。
理想と現実の合間で揺れ動いてます。
一人では生きていけないとよく言われますが、私は一人じゃないと生きていけないのです。
そういう人もいるということです。


にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

プロフィール
港町に生まれ港町に育ちました。私の受験生活はこの街とともにあります。2018年に行政書士試験に合格。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
関連検索
簿記の講師承ります
以下の記事が『資格LIVE』というサイトで紹介されました!

【現役簿記講師監修】簿記3級・2級・1級の試験問題の違い、勉強時間や勉強方法を解説!(オススメテキスト、問題集も紹介!)

https://shikaku-live.jp/boki-4/

記事検索
ブログ村
お問い合わせ

blog主にこっそりと言いたいことがある人はコチラ! ご意見・ご要望お待ちしております。

名前
メール
本文
プライバシーポリシー
このblogにコメントした方の情報は、個人情報保護法等関係法令に従い適切に管理いたします。 公的機関からの調査等の場合を除いて公開いたしません。