tak3000

新竹下合格システム|港町の司法書士受験日記|其の二

司法書士試験への挑戦を主に書いています。 行政書士は2018年に合格し、開業準備中です。

過去問

25 10月

司法書士試験、年内の使い方の続き・・・。

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

このエントリが長らくヒットしているので、自分への戒めも込めて再度検討してみようと思います。
これです↓


まず年内はアドバンス本科生の講義に追いつき、講義の消化不良なしで新年を迎えられることが第一の目標です。Web通信だと「いつでもやれる」と、お得意の先送り癖があるのでそれを封じます。

そして今持っている過去問は鬼のように解いて、TACさんの2021向けパーフェクト過去問シリーズを手に入れたら、モーレツにやって脳に負荷をかけられるだけかけようと思います。

竹下講師の言葉ですが「脳のスタミナ」も重要な要素なのだそうです。

そして答練も1月から会場受験しようと思ったら、仙台校では一部自習室受験なのだそうです。

なので1月答練パックをWebで受講するか、4月の答練から校舎受験に参加するか迷い中です。でも、迷ってる場合でもないと思うんですね。過去問を重要視し、4月からの答練に会場で参加しようと思います。

覚えるべきことを覚え、過去問で確認し、答練で実践するという、オリジナルの3ステップを考えて、これを貫き通そうと思います。

愚痴と言い訳を反芻してる場合かって思えるようになりました。

受かる人は言い訳をあまりしないそうです。


にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
18 7月

また今日も徹夜をしてしまった…。

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

また徹夜をしてしまいました…。医者からは「寝ろ!」と叱られてばかりですが、眠れないものは眠れないのです。むしろ眠りたくないのです。

過去の偉人が「死んだら眠る時間はいくらでもある」と言いました。

でも早死にしたら意味ねーんでねーかい?・・・とも思いつつおりました。

実はですね、今すごく楽しいんですよ。司法書士試験の学習を通して学ぶことも数多くありましたが、本丸である司法書士試験に「こうしたらあと2か月ちょっとで何とかなるかもしれんな」と思えるようになったのです。

いや、しなければいけません。

実務についても「すみません間に合いませんでしたー」なんてやったら会報に名前が載ってしまいます(笑)

物理的に不可能ではないのです。

だったら全力で可能にすべきだという竹下先生の言葉が今になって分かります。すみませんね、基本馬鹿なんで、身体で分かるということに時間がかかるのです。

あとはやるだけですよ?簡単でしょ?これで基準点行かなかったら努力が足りないか方法が間違ってるってことですから。

今回のblogに限らず、毎回精神論の塊ですが「やったもん勝ち」なのです。やっと気付きました。分かりました。馬鹿を馬鹿だとわかって大変すがすがしい気持ちになり、今日も頑張れます。

僕は宮崎駿やスティーブ・ジョブズではありません。

よっぽどおかしなだけなのです(笑)結果を出せば認められるし、そうでなければ蔑まれる。それだけの存在が、宇宙に80年くらいお邪魔してるだけです。

またblog主がおかしなこと言ってるよwと思った方はポチっとお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村
 
17 7月

電池切れになるblog主・・・。

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

今日は丸一日かけて、新竹下合格システムの「過去問分析講座」に取り組みました。シミュレーションしたのは、平成24年の択一すべてと記述式です。

午前9時30分から始めて、まったく試験と同じ通りに時間を使いました。もう4時にはくたびれ過ぎて寝てしまいました(笑)

しかしコトの本質はそこではありませんでした!

お昼休憩で軽い昼食を摂っただけなのに眠くなる・・・。

つまり、午前一発目の民事訴訟法第1問が鬼門なのです。ここで頭が回れば勝ち、回らなければまた来年・・・ということになります。

昨日もblogで書きましたが、参考書や講義も大切ですが、基となる身体が丈夫でなければ長丁場の本試験には耐えられません。ましてや今年はマスク着用です。フェイスシールドまで配られた日には泣いてしまいますよ(笑)

でも今日の収穫は、電池切れになる時間帯は午後1問目に入るところと、商登法の択一の途中です。竹下先生は著書で「脳のスタミナ」の重要性を説いていましたが、自分で体感したことでよくわかりました。

本試験で電池が切れれば、一年間の努力が無駄とは言いませんが合格につながるものではなくなってしまいます。

今日の朝の占いは最低でしたが、学習面においてはいいものを学ばせていただきました!

共感していただけたら、ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村
16 6月

獲物は一撃で仕留めろ!

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

今日のテーマは・・・

「獲物は一撃で仕留めろ!」

であります。

これを私の受験準備に当てはめてみると、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる的な答練や模試の解き方が目立ってきていて、大いに反省しているところです。

結果・・・当たってませんから!

たしかに5肢中3~4肢分かれば、残りの肢が不明であっても組合せ問題ならほぼ答えが出ます。それに甘えてしまいました...。

デュープロセスと直前チェックだけで過去問に対応できるかどうかを検証せよという記述が、竹下先生の合格ロードに書いてありました。ここで大切になるのが過去問分析なんだと、感動しながら読んだ記憶を思い出しました。

読んだことを身に付けずに忘れてしまった、なんとおバカさんなんでしょうか(笑)

これからは自分にとって分かりきったところはやらないにしても、過去問全肢検討です。

遅すぎる気がするのも否めませんが、受験生と名乗る上でのマナーを書いた学習方法はとるべきではありません。私はこれまでの試験は前半ダラけて、後半に追込みをかけて何とかクリアしてきた人生です。

これは生まれ持っての性分で、悲しいかななかなか変えることができません。何か金属バットで頭でも殴られれば治るんでしょうか?この性分のせいで損ばかりしてます。

たらればの話にしかなりませんンが、もっと早くに挫折していれば、反省の上に立って謙虚に学習をしたんでしょうが…。

これからの受験戦略においてはバランスの良い11科目の回転と、一撃必殺の学習の深さを再認識しながらやっていきます。自分の弱いところから逃げない。転んでも泣かない。だされたご飯は残さず食べる!

PVアクセスランキング にほんブログ村
17 5月

抵当権の設定、抵当権の侵害

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

そうなんだ・・・すまない・・・。
過去問分析講座をやっていて、圧倒的に抵当権・根抵当権の他、担保権や用益権に関する登記の正答率が非常に低いため、基礎レベルを確認することとしました。

今回は抵当権の設定と抵当権の侵害です。「何を今更レベル」から、「あーこりゃ知らんかったわ」レベルまで、竹下貴浩先生の教材のみを使うだけで十分に確認できました。

抵当権の設定についてはデュープロセスだけではもちろん足りないので、先生が講義で話された内容や直前チェックを中心に学習し、合格の肢で条文ごとに問題が何を聞いてくるのかを分析しました。

通常の学習だと・・・
・予習

・講義

復習(過去問)

の流れなんだと思います。

私にとってはこれじゃ足りなかったんですね。

復習の段階で直前チェックを理由を付けて答えられるまで繰り返し、合格の肢を理由付けで答えられないことがないようになるまでやりました。これまでは要するに、復習が復習として「なってないレベル」だったのです。

以前のブログでは学習内容などをつらつらとblogに綴っていましたが、大真面目に勉強した方から見れば「赤子の遊びレベル」であり、見るに足りなかったと思います。また、今日学習したことを書き込もうとするならば、あと何時間もかけてキーボードを叩くことになるでしょう。

以上のような訳で今日から明後日くらいまで、竹下貴浩先生のテキスト、「新版デュープロセス民法・不動産登記法Ⅲ」を読みこんでいくこととしました。毎回読むごとに気付きがあるのですが、改めていいかげんにやっていたんだな・・・と反省しています。

今日は復習を始める前に、デュープロセス、直前チェック、模範六法、TACの過去問題集、合格の肢を床一面に広げて、頭を捻りながらどう学習を進めればいいかを考えました。今までは考えなしだったのです...。

択一やりましたー、記述で雛形書きましたー、じゃたかが知れてます。

条文の一つ一つを重要度に基づいて、適切な深さまで研究することが大切と私は考えました。研究といっても学者本はそう必要ないでしょう。私の性格や生い立ちなど、バックボーンをよく考えて学習の仕方を考えないと、アンドロメダの方向に学習を進めてしまいますので、しっかり合格という結果にベクトルを向けて頑張ろうと思いました。


Wセミナー<司法書士>初学者向けコース開講

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
プロフィール
港町に生まれ港町に育ちました。私の受験生活はこの街とともにあります。2018年に行政書士試験に合格。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
簿記の講師承ります
以下の記事が『資格LIVE』というサイトで紹介されました!

【現役簿記講師監修】簿記3級・2級・1級の試験問題の違い、勉強時間や勉強方法を解説!(オススメテキスト、問題集も紹介!)

https://shikaku-live.jp/boki-4/

記事検索
ブログ村
お問い合わせ

blog主にこっそりと言いたいことがある人はコチラ! ご意見・ご要望お待ちしております。

名前
メール
本文
プライバシーポリシー
このblogにコメントした方の情報は、個人情報保護法等関係法令に従い適切に管理いたします。 公的機関からの調査等の場合を除いて公開いたしません。