tak3000

新竹下合格システム|港町の司法書士受験日記|其の二

司法書士試験への挑戦を主に書いています。 行政書士は2018年に合格し、開業準備中です。

新竹下合格システム受講生のblogです。
学習の中で、日々気付いたことを書いています。

講義で重要だと触れたところ、竹下講師の言葉で「ハッ」としたことを、
自分なりの表現で綴ります。
20 4月

民法・不動産登記法9~10回復習(ファンダメンタル図表押し!)

民法総則復習終わりました。

今回は時効がメインテーマとなります。
債権編にも少し入りましたが、おまけ程度ということになります。

これまでの学習方法の反省点として、「デュープロセスだけ理解すればいい」と思い込んでいたことが挙げられます。
確かに、デュープロセスに書いてあることは、全部頭に入れなくてはいけないのですが、
それに集中するあまり、竹下先生が口頭で補足した事項を、かなり聞き漏らしていたことが分かりました。
今日も、時効の中断事由のところのDVDを聞き直していましたが、口頭での補足で「ハッ」と気づかせてくれるようなことを仰っていました。
こういうことをメモを取るようにしてみたところ、メモを見ると講義の内容が思い出され、
記憶されているなと実感できました。

また、時効は判例関係が多いですが、関連性のあるものも多く今までは図表を自分でExcelで
作ってファイリングしていたのですが、時間のもったいなさは感じていました。

ファンダメンタルを買ってみると…

「なんだ…書いてあるじゃん…」

…というわけで、これからは図表をまとめる時間を買ったつもりでファンダメンタルを使おうと思います(べた褒め)



さて、明日からは債権編の復習に入ります、明日と明後日で債権各論を終わらせられればいいなと思っております。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

19 4月

ファンダメンタル要点整理+一問一答(民法・総則、債権、物権)

久しぶりに本の紹介になります。

何だ宣伝かよ!と思わないでください。
過去記事を見ていただいている方には分かっていただけると思いますが、
私は基礎力の不足による応用力のなさに悩んでおります。

ここまで分かってたら基礎だけやれよという話は、とりあえずおいておいて…(笑)

あまり多くの教材に手を出さない方がいいというのが受験界の「通説」ですね?
しかし、基礎を作ることの大切さを身に染みて感じていても、やはりそれはかなり大変です。

竹下先生も、「めんどくさいものはめんどくさい」「相当手間だということを覚悟してやってください」
とおっしゃっております。

私は最近も早起きして条文を覚えるという作業をしておりますが、
最近どうも飽きてきたというか、新鮮味が感じられなくなってしまうという病におかされました…

そこで、少しでも刺激を変えてみようということで取り入れたのがファンダメンタルです。

直前チェックという確認ツールはあるのですが、あえて新しいものを入れて刺激になればと思い、
「復習がしっかりできたと自信を持って言える範囲のみ、ファンダメンタルを読んでいます」

すると、ファンダメンタルの一問一答の答えの欄には条文番号や判例番号が書いていないことが多いので、
「この答えは〇〇条が根拠だ」「判例はこういっていたはずだ」という思い出す作業ができるようになり、
いい意味で刺激になっております。

ただし、基本書はデュープロセスからぶれることはありません。
そこだけは外さないで、学習を進めていきます。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

19 4月

途中経過報告(嵐のように、民法不動産登記法6~8回復習)

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。
最近更新がおろそかになっておりますが、今日からまたきちんと更新してまいります。

現在の進捗としては、民法・不動産登記法の分からなかった講義該当箇所のDVDをもう一回見たり、
不動産登記法については直前チェックをとにかく覚えるという作業を行っております。
また、登記法の先例等については、登記六法を用い、出題された先例に出題された数を書き込んだり、
その出題された先例に関連する項目を確認しています。

今日更新するテーマは代理です。

不動産登記までやってる人が代理ですか?と思われるかもしれません。
いやいや、過去問は解けるんです。デュープロセスと直前チェックはきちんとやりましたから。
しかし、他の問題が解けないのです。つまり、応用力がないということでしょうか。
今使用している問題集は、Wセミナーさんのハイレベル問題集民法です。


答練で出題されたものなので、たしかにレベルが高いのですが、
私の弱点として、「聞かれ方が変わると分からなくなる」という、アホな現象が起きます(笑)

最終的には条文や判例知識で解けるのかー、ということになるのですが、
そこまで行くのに前の記事でも書きましたが、やっぱり、条文や判例といった基礎が
「なってない」のでありました。

そういうわけで、99条から108条までわずかしかない代理の条文を、
今日一日かけて頭に叩き込んだわけであります。

この知識も数週間もすれば忘れると思うので、嵐のように!
これでもか!と繰り返して学習していきたいと思います。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

プロフィール
港町に生まれ港町に育ちました。私の受験生活はこの街とともにあります。2018年に行政書士試験に合格。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
関連検索
簿記の講師承ります
以下の記事が『資格LIVE』というサイトで紹介されました!

【現役簿記講師監修】簿記3級・2級・1級の試験問題の違い、勉強時間や勉強方法を解説!(オススメテキスト、問題集も紹介!)

https://shikaku-live.jp/boki-4/

記事検索
ブログ村
お問い合わせ

blog主にこっそりと言いたいことがある人はコチラ! ご意見・ご要望お待ちしております。

名前
メール
本文
プライバシーポリシー
このblogにコメントした方の情報は、個人情報保護法等関係法令に従い適切に管理いたします。 公的機関からの調査等の場合を除いて公開いたしません。