いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

今回は多数当事者訴訟について学習しました。

まずは共同訴訟です。
共同訴訟の要件は民訴38条の前段と後段に要件が分けて書いてありました。

要件は、
・数人について共通する場合
・同一の事実上及び法律上の原因に基づく場合
・同種であって、事実上及び法律上同種の原因に基づく場合
でした。

通常共同訴訟の場合には、大前提として共同訴訟人独立の原則がありました。
これは、弁論の分離、一部判決の可否で過去三回出題がありました。
弁論の分離などは、訴訟指揮に関するもので、裁判所ができました。

固有必要的共同訴訟については、事例はデュープロセスにあるモノくらいは見ておいてもいいかもしれないとのことでした。
これは、同一に審理をし、同一に判決を出さなければならないという、結論を同じにする必要性です。

類似必要的共同訴訟については、会社の組織に関する訴えをイメージし、
必ず併合審理になるということでした。

選定当事者、大規模訴訟については、あまり出ていませんでした。

訴訟参加は補助参加がよく出ていました。
去年などは簡単な問題で条文知識を聞く問題でした。

独立当事者参加は平成25年、共同訴訟参加は平成20年に出題がありました。

訴訟承継は簡単に見ておけばいいということでした。


今回はここまで。

にほんブログ村