いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

最近、いつにも増して朝が早くなっているblog主でございます。もう少し寝たいんだけどな、と思う今日この頃…。

今回は募集株式の発行等の続きと新株予約権の総説部分の復習をしました。一回は講義をメモしながら聞いたんですが、竹下先生の「簡単ですねー、えぇ。分かりますねー、えぇ。」しか頭の中に残っておらず、「簡単なんだ!」という印象しか残っていないまま過去問を解いて、危機感に苛まれ再受講となりました。

まずは募集に係る責任等ですが、設立と同じく、引受けの無効または取消しの制限がありました。このあたりは株式でやったところとそんなに考え方が変わらないので、すぐに覚えることができました。会社212条、213条も同様でした。

出資の履行を仮装した場合の責任等は、改正法で新しくできてきて設立の時と同じ感じでした。

登記申請手続は、竹下先生が「ブリッジやっとけば自然にできるようになりますから」と言っていたので、理論編をやったら分かりました。択一では添付書面がたくさん聞かれていました。


次は新株予約権総説です。
ここは、細かいところは差し置いても、「株式ととことん似ている」という印象でした。
ただし、113条4項の制限には十分な注意が必要でした。114条2項3号も同様です。

今回はここまで。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村