いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

試験直後で悲喜こもごもな状況でしょうが、それは誰もが同じですよね。私は悲しい方ですが...。

私の2018年司法書士試験は、非常に中途半端な受験で終わってしまったなぁと反省しています。悔いの無いように過ごすということも、なかなか難しいものですね。

なぜそう思ったかというと、直前チェックのチェックポイントを答えるということはできるのですが、答えるのに突っかかってしまったり理由を言えなかったりしました。

つまり、字面ばかり追った学習で、モノゴトの本質を突いた勉強ができていなかったんですね。

あとは、理解を重視しようとして講義のメモなども沢山とっていましたが、それ以前に必要な知識を覚えるということをしなかったのも反省点です。

とにかくこれからは、直前チェックのチェックポイントを全て諳んじて言えることと、理由まで答えられるようにしたいと思います。

片手落ちの勉強をすごく反省しています。

今回はここまで。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村