tak3000

新竹下合格システム|港町の司法書士受験日記|其の二

司法書士試験への挑戦を主に書いています。 行政書士は2018年に合格し、開業準備中です。

まとめ

19 4月

四月上旬の人気記事まとめ

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

真夜中にSuperflyの「BoxEmotions」を、重いMarshallのアンプから流してblog書いています。

Box Emotions

新品価格
¥2,092から
(2020/4/19 01:06時点)



いつもギターを練習するときはVOXの20Wコンボアンプ使ってるんですが、今日は気分が高まりすぎてMarshallのDSLシリーズ(笑)

では本題に・・・。
四月上旬の人気記事はコチラ↓

http://mulala.blog.jp/archives/81771246.html

発熱した・・・というお話でした。

細かい事は上のリンクに譲るとして、要するに私は「身体虚弱・精神脆弱」の人生を生きてきたということです。時に要領よく人生の選択ができたことにより、ラッキーを拾いながら歩いてきたのです。

でも人生はラッキーだけではありませんよね。楽しいこと・悲しいこと・辛いこと・寂しいこと・・・と、日常の出来事を思い浮かべてみると、もしかするとマイナスの事が目立つんだと思います。

そして時に、良いことがあって・・・「楽しい・嬉しい」という感情を持つのでしょう。生きてるからね!
そうなんです、私たちは生きているんです。

「私が死にたいと思っている今日は、昨日死んだ誰かが、必死に行きたいと思っていた明日」

という言葉をどこかで見たような気がします。

私は感化されやすい性格なので、じゃあ一生懸命毎日を生きようとするのですが、上手くいかなくて朝令暮改をしているうちに忘れ去ってしまう、出来損ないのアタマなんですね。その上、身体も弱いという・・・(笑)

だから、自分が受けると決めた試験もストレスとなって熱が上がったり、病気の原因となる免疫の低下につながってきたのでしょう。

でも、今年は違う!

出来損ないの精一杯を見せてやろうと思えた瞬間に、モノの見え方が変わりました。そもそも自分なんてそんなに偉い存在でもなく、すごい能力を神様から貰った人間でもない。

偶像を信じて仰ぐ「信仰」よりも、自分の心を信じて生きて行ける「信心」を大切にして、これからを生きていきたいと思って、長文を書いてしまいました(笑)

あんたも好きねぇ(笑)

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
1 2月

司法書士試験…独学の先は黄泉か地獄か…。

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

Webライティングの仕事も、今受注している契約の最高潮部分を書いています。

そんな中わざわざ個人blogまでやってきたのにはワケがあります。
以前、人気記事のまとめをするということを宣言しながら全く手をつけていない状況でありまして、それをしに戻ってまりました。

↓先月(2020年1月の人気第二位の記事:そうだ!独学にしよう)

http://mulala.blog.jp/archives/81139709.html


現況報告

結論をいうと、Webライティングが充実している状況です。一日7時間以上はPC画面とにらめっこ・・・目も相当悪くなりました(´;ω;`)

それを優先したり勉強を優先したりと、プライオリティ(優先順位)をつけながら活動するという能力をやっと、30半ばにして手に入れました。

やはり自分のペースで仕事も勉強もできるということは私にとってとてもストレスフリーなことで、毎日が充実のエブリデイです。

睡眠時間は4時間程度。

地獄を見てきたから・・・。

ここまで自由にやれるという点では、前の仕事で地獄を見たので天国にしか感じません。いわゆるパワハラも勤めてきた会社の中ではあったのです...。

労働時間も厚労省基準を大幅に超え、家には風呂に入るためだけに帰り、会社で寝るという生活でした。

それでもね、その中に楽しさを見つけられたからよかったんですよ。それがなかったらロケットダイブしてましたね。

楽をしない、同情も要らない

ここでやっと本題に入れます(笑)

今の自分の心境としては、初めて竹下先生の講義を聴いて受験準備を始めたころの感情に近いです。

「待ってろ明るいミライ、go my way !」

ってなもんで、あっという間に一日が終わります。勉強も仕事も全力なので、22時を過ぎると眩暈がしてきます。この眩暈は病院で治る眩暈ではなさそうですね。

特に会社法をやった後が辛いっす。デュープロセスや直前チェックに条文が書いてあれば、必ず会社法の条文を読み、参照条文との関係を考え、それが登記事項だったらどのような申請書を書くのか?などを検討してました。

すると択一の勉強が記述の勉強にもなっているわけですね。

やっと分かりました、「なるほど、こういうことねって」

これまでは先生の言葉を引用してイキってましたが、独学にすることで主体的に学ぶようになりました。 

で、結局どうなのよ?

はっきり宣言します。私は以前の記事にも書いたり周りに宣言している通り、3回チャンスを与えられれば1回はモノにします。

裏を返せば、三振したら撤退するということです。

それくらいのチカラでやってます。税理士試験も、ギリギリ崖の上を行くようにフラフラになりながらやってましたが、それが楽しいんです。生きてることを感じられるんですね。

独学に切り替えた結果のまとめ

結果として・・・良かったと思ってます。
確かに流される講義を見ているという点では、「講義受けてんじゃん」「ずるいじゃん」となる批判はあえて受けます。

私が感じたのは、竹下先生が「私の言った通りにやれば3回チャンスがあれば受からないことはありません」と説明したことを、文字通りに受け取ってしまったことが問題だったのではないかと思ってます。

先生の言ったことが30人いれば30通りの解釈の仕方があるわけでして、妄信しろとは一切言ってないわけですよ。ここが穴でしたね。

これから司法書士試験に挑戦しようとか、行き詰まっている方にアドバイスできる立場にない、「しくじり先生」からのコメントで締めますが、最後は自分の頭で考えるということが大切だと気づきました。

これは簡単なことじゃありません。私も大風呂敷を広げた以上は思いっきりやってやろうじゃありませんか。

それでは各々・・・ぬかりなく...。


にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村


プロフィール
港町に生まれ港町に育ちました。私の受験生活はこの街とともにあります。2018年に行政書士試験に合格。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
関連検索
簿記の講師承ります
以下の記事が『資格LIVE』というサイトで紹介されました!

【現役簿記講師監修】簿記3級・2級・1級の試験問題の違い、勉強時間や勉強方法を解説!(オススメテキスト、問題集も紹介!)

https://shikaku-live.jp/boki-4/

記事検索
ブログ村
お問い合わせ

blog主にこっそりと言いたいことがある人はコチラ! ご意見・ご要望お待ちしております。

名前
メール
本文
プライバシーポリシー
このblogにコメントした方の情報は、個人情報保護法等関係法令に従い適切に管理いたします。 公的機関からの調査等の場合を除いて公開いたしません。