tak3000

新竹下合格システム|港町の司法書士受験日記|其の二

司法書士試験への挑戦を主に書いています。 行政書士は2018年に合格し、開業準備中です。

実務

1 1月

謹賀新年・・・私が負けるわけがない年にする!

新年あけましておめでとうございます。

今年は私にとっての大きなターニングポイントとなる年です。

転職、実務習得、資格取得など、大きなライフイベントがたくさんありまする...。

まず、転職先は明かせませぬが、相当の覚悟を持って仕事をさせていただきます。誰でも出来る仕事ではないので、相当の勉強が必要になります。今でも個人的には緊急事態宣言中で、勉強を終えて今から寝るところです。

実務だって、クライアントにとっては転職したばかりの私であっても専門家ですから、失敗は許されません。舐められるなんてもってのほかです。立ち振る舞いから始まり、自信の塊になっていないとお話になりません。

資格取得は、司法書士試験が今年で最後の受験となります。業務上取得しなければならない資格もあります。簡単なものは効率よく、難しいものは心を入れ替えて後悔のないようにやらなければなりません。

これまでの私はB29を竹やりで墜とす勢いの精神論でした。もちろん玉砕するに決まってます。

相当精神的に十分な準備をし、必要な書籍を揃え、あとは戦い抜くという、竹下貴浩先生の合格ロードを歩まなければいい結果は出ないでしょう。こういう風に思うという段階でいい結果は出ないでしょう。

明るくなったら思いっきり合格から逆算して、自分がどうするべきかを考えます。

『孫子の兵法』によれば、「負けなければ勝てる」と書いてありました。

そのとおりだと思います。そして私にはそのチャンスは司法書士試験については残り一回しかありません。

それでもやっぱり、それくらいの覚悟を持って鬼のように勉強したいと思います。

周りは「そんなの無理だよ」と笑うでしょう。

喧嘩上等、豆腐メンタル卒業。

試験はゲームのようなものだと例える先生もいらっしゃいますが、私はルールのある喧嘩だと思ってます。あるいはバカじゃない証明書をもらうための関門だと思ってます。

私にとっては宅建よりも運転免許の方が難しかったですが(笑)

まぁ、生温い目で見守ってくださいな。面白いと思いますよ。非常に滑稽で、馬鹿馬鹿しくて、愚かで。

それが自分の人生に責任を持ったらどうなるか?

無無無としか表現できませんが、素粒子の塊から生まれる感情と努力がどうなるか・・・。
乞うご期待。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
28 12月

2020/12/28の学習内容

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

思い立ったが吉日!

今日から一日の学習内容(実務的な面も含む)を公開していくことといたしました。別に誰に頼まれたわけじゃないんです。せっかく「俺のメディア」を持っているのに発信しないのもなぁ・・・という、完全に自己満足の世界です。

どうぞお付き合いくださいましね。

①竹下合格講座…6時間(使用教材:直前チェック民法Ⅰ、模範六法、DPⅠ、改正民法逐条解説)
②消費税法...2時間(使用教材:税務大学校教本、税務六法、TACのFP講座テキスト)
③民事訴訟法基礎実力養成講座...2時間(使用教材:DPⅤ、2021年版TAC過去問民訴等、模範六法)
④財務諸表論...3時間(使用教材:みんなが欲しかった税理士の教科書&問題集Ⅰ、会計法規集)

⑤実務の勉強で法定調書と償却資産(国税庁HPより)


滅茶苦茶な勉強してんな...blog主よ・・・。

という声が聞こえてきそうです。

喜んでやってますよ。えぇ。年明けからフルタイム勤務となるので、短期決戦と思われる2021年の司法書士試験を舐めてるんじゃないか?と思われるでしょう。でも、仕事も舐めるわけにはいかないのです。

いつまでも受験の世界にいたいだけの人とは違うのだよ!

明日からは何をどのくらいまでやったかも書ければいいなと思っておりまする...。これじゃまだ具体性がない。でも、千里の道も一歩より!


にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 資格ブログ FP技能検定へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
5 9月

資格と仕事とのバランス

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

今回は資格と仕事のバランスについて書きたいと思います。なぜ書こうかと思ったかというと、私自身がこれで失敗したので、後進への注意喚起と自分への戒めのためです。

私は税理士事務所時代には、科目合格者として採用されて、ある程度期待されて入所したのですが見事に期待を裏切ってしまいました(泣)

それはなぜか?

すなわち「試験」と「実務」の違いをいつまで経っても理解できなかったからです。

さすがに今は理解してますけどね...。

試験は最低限の知識を問うだけのもので、ある意味学術的なものです。試験と能力の関係ない試験がたくさんありますからね。行政書士試験が最も代表的な例ですよね。

税理士試験もそういう性質がありました。法人税法でも別表四と別表五の問題が出たりしますが、実務の形式ではなく試験用のフォーマットです。実務での原価計算も、各部署とコミュニケーションが取れないと、何のデータも集まりません。日商簿記の原価計算の問題が親切過ぎるのです。

実務にはフォーマットがありません。一社一社求められることが違いますし、提供するサービスも違って然るべきなのです。伝票の書き方、PCへの入力の仕方、原価計算など様々です。

私は試験に合格すれば自動的にそういうスキルが身につくと勘違いしていた、イタイ人物だったのです。今思えばとても恥ずかしいです。

今私は、webライティング及びコンペの仕事と、資格試験を併せて行っています。資格ばっかりに気を取られると実務で足をすくわれるので、しばらくは実務のための充電期間を設けたいと思います。(司法書士の本試験は受けますからね。掲示板でたたかないでくださいね(笑))

でも、資格を取らないとできない仕事であることは確かです。今まで長くかかってしましましたが、受かるときにはサクッと受かって実務に出たいものです。



にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
プロフィール
港町に生まれ港町に育ちました。私の受験生活はこの街とともにあります。2018年に行政書士試験に合格。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
関連検索
簿記の講師承ります
以下の記事が『資格LIVE』というサイトで紹介されました!

【現役簿記講師監修】簿記3級・2級・1級の試験問題の違い、勉強時間や勉強方法を解説!(オススメテキスト、問題集も紹介!)

https://shikaku-live.jp/boki-4/

記事検索
ブログ村
お問い合わせ

blog主にこっそりと言いたいことがある人はコチラ! ご意見・ご要望お待ちしております。

名前
メール
本文
プライバシーポリシー
このblogにコメントした方の情報は、個人情報保護法等関係法令に従い適切に管理いたします。 公的機関からの調査等の場合を除いて公開いたしません。