tak3000

新竹下合格システム|港町の司法書士受験日記|其の二

司法書士試験への挑戦を主に書いています。 行政書士は2018年に合格し、開業準備中です。

東日本大震災

10 3月

東日本大震災から10年を前に…|マイ ラブ

東日本大震災から明日で10年・・・。

とびきり仲のいい二人、噂も周りの目も気にせず手なんか繋いで、いやらしいね。

君のおにぎり、実は美味しくなかったよ。
デートの日付忘れててゴメンね。

それでも二人は与え与えられながら、白球を追ったよね・・・。
一人はしがない底辺校の馬鹿、一人はそこそこ進学校の生徒会長。
釣り合わないはずの二人は、まるで奇跡のようにくっついていた。

時間と距離と最低な男が二人を離し、それでもいつかまたここで会おうと決めていたのに...。

2011年3月11日...。

大切な人を最低な自分勝手で失い、失った人を取り返したい最低な男の目に、
それでも涙があったと初めて知ったよ。

数えることしか泣いたことのない自分に、こんなに水分があったなんて・・・
いつまでカッコつけてるつもりなんだろうね。

10年経って新しい恋をすることが、悪いことだとか間違いだとかは思わない。

ただ、アナタと僕が与えあったラブは宇宙一の自慢。
僕が与えたラブの何百倍ものラブをいただきました。

だからあなたからのマイラブが癒えるまで、僕のニューラブはお預け。

女々しくて嫌になりそうな自分が、ちょっぴり好きで、それを包んでくれたアナタとの不思議な関係。

豪快に恥ずかしいからこの辺で筆を止めるけど...アナタはきっと笑ってるだけでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
 
7 11月

会津磐梯山。

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。


最近のマイブームは、民謡「会津磐梯山」の次の歌詞です。


小原庄助さん 何で身上潰した

朝寝朝酒朝湯が大好きで それで身上潰した

ハァモットモダーモットモダ



朝酒以外は二つ該当しておりまする...。
今も風呂上がりで、ここで呑んだら負けだと思ってる...。

べつにこの民謡を馬鹿にしているわけではなくて、小6のときの会津への遠足でこれを聞いて、
意味が分からないながらも全編良い雰囲気の歌だな~という思い出があります。

あとはお決まりの白虎隊のお墓参りをし、土産店で木刀を買って没収(笑)

確かに帰りの新幹線で、小6とはいえ木刀持ってたらダメですもんね(笑)


福島県は大好きな県の一つです。3.11の夜、私は気仙沼の避難所で、
「ゴジラ対デストロイア」の映画を思い出し、これは「メルトダウン起こす」と当日の夜には思ってました。

素人でも幾何かの危機感を持っていたのに、東電と官僚、政治家の偉い人たちは何もしなかったのでしょうか?

もちろん第一原発の故吉田所長さんは、対策に一生懸命やっている姿が報道されました。

政治の事情であーだこーだいう前に、事件は現場で起きてる...。それもあとで世界最悪レベルと評価されるような事故が...。

朝からあまり暗い記事を書きたくないのでこの辺でやめときます。

議論や記事に対する感想、誹謗中傷も含めてコメント欄はOPENですので、皆さんご利用くださいませ。

福島の桃、毎年食べてますよ。

私の出来ることは、福島の桃と「イカ人参」を食べて応援することくらいです。

いか人参 【送料無料】180g×3袋セット ケンミンショーで注目 漬物 お取り寄せ ご飯の友 食品 グルメ ポイント消化 sale 福島 お土産 名産 郷土料理 おふくろの味☆福島プライド 朝ごはん

価格:1,836円
(2019/11/7 04:51時点)
感想(41件)




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

10 9月

龍前崎と夏虫温泉へ行ってきました!

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

先日の台風の被害に遭われた各地の方々、まだ停電も続いているようで熱中症が大変心配です。心よりお見舞い申し上げます。

実は、東京にいる親戚が飲食店を経営しているのですが、「台風が来るんじゃ、客が来ねぇ!」と急遽、台風とともに日曜日から我が家に来ています。

この間、わが町気仙沼市内と離島の気仙沼大島をつなぐ「橋」が完成し、私たちも渡ってみようということで、行ってまいりました!

残念ながら橋の写真は都合上取れませんでしたが、2011/3/11以来見ていなかった「海」を見てきました。ちょっとフラッシュバックしそうになりましたが、この海を見たことで、海に対する思いをまた一つ改めることができました。

恵みを与えてくれる海・・・すべてを奪った海・・・心を洗う海・・・。

今日の海はとてもきれいで、このような景色を見せてくれました↓

DSC_0016 (1)

         DSC_0017 (1)
手が写ってました...申し訳ございませぬ…。

海は怖いもの・・・いつの間にかそういう風に自分で考え方を擦りこんでしまっていました。

でも、海は綺麗で大きなものでした。

その後、三陸自動車道を通って大船渡市三陸町へ・・・。

親戚は三陸鉄道に乗りたい!ということで、私たちを温泉において車窓の旅に出かけていきました。

温泉はコチラ↓風情があります。

DSC_0018 (1)

中はもちろん撮影禁止なので、入り口のみでご勘弁を…。

敷地内にはキャビアの原料となる卵を産む、「チョウザメ」が飼育されていました。

設備はサウナ付きで、とても綺麗でしたね。

今日は心の洗濯をさせていただきました。thanks 神様!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

そして旅に出たくなったら!気仙沼に来てくださいね!



1 4月

「令和」の元号と災害の多かった平成...。

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

いつもは勉強記録の記事が中心ですが、今日はちょっとした問題提起を...。荒れたらごめんなさい
m(__)m

まずは新元号が「令和」に決定したことをお慶び申し上げます。万葉集から持ってきたのが印象的でした。意味合いも、きわめて日本的で和を以て貴しとなす、「美しい国」になりそうな気がします。

それでいて響きがスタイリッシュですね。これはすごく印象に残りました。

でも...。

災害の多かった平成から令和に変わり、2019年の「釜石ラグビーワールドカップ」、そして「東京2020」と時代はめまぐるしいスピードで、今以上の速さで進んでいくのでしょう。

でも...忘れないで下さい。

まだプレハブ仮設住宅で生活している各地の災害の被災者がいるということを...。たしかに仮設住宅は入居者が少なくなり場所も集約化され、目立たなくはなってきました。それでも仮設住宅がなくなったわけではありません。

そこには人がいます。命があります!

日本国憲法の最大の価値は「個人の尊厳」です。私は平等主義者でも博愛主義者でもない単なる偏屈人間ですが、元号が変わったことに合わせてオリンピックを迎え、ある人が開会式で

「日本は未曾有の大災害から、見事に復興を成し遂げました!」

なんて言おうものなら、この国の終わりの始まりだと思います。
美しい国じゃなくて、鬱苦しい国の大日本低国に成り下がります。

こないだも私の知り合いが東日本大震災からの復興を成し遂げることを待ちながらも、惜しまれつつこの世を離れました。まだ若いです。物凄い震災のストレスを感じていらっしゃいました。

いつまでも被災者でいられないのは分かってます。でも、東日本大震災は終わらないんです。きっと、いつまでも。

まずは天皇皇后両陛下のこれまでのご公務、象徴としてのあり方の模索に敬意を表し、退位まで安寧に過ごされることを願ってやみません。

一国民の声。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
11 3月

心に蓋をした東日本大震災と司法書士試験...。

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

震災から八年...。

癒えることのない傷を抱えているのに、今日も日は暮れ、3月12日になるといつもの日常が戻ってきます。テレビも普通放送に切り替わり、報道番組からバラエティー番組へ...。

別にそれが悪いわけじゃないんです。そうあるべきなんでしょうから...。



実は、私が竹下合格システムを利用しだしたのは2014年からですが、司法書士試験に興味を持ったのは2010年頃でした。

これを告白してしまうと、「行政書士も受かってない癖に(笑)」という声がありそうだったので、今まで伏せてきました。自宅の相続関係で司法書士の先生にお世話になり、「こんな仕事があるのか・・・」ということと、予備校の宣伝で行政書士とのダブルライセンスを勧められて、いつかは取りたいなと思うようになっていました。

行政書士を取った今は、この勢いのまま「いつ取るの?今でしょ!」ということで歩みを進めています。自身もつき、加速度的に知識がついてきており、今までは記述白紙で来年頑張ろうだったのですが、今年は「もしかすると?」という現状です。

これを「俺が落ちるなら全員落ちる」まで高められるように頑張りたいと思います。



さて、長すぎる前置きはこのくらいにして...。NHKさんの番組ではありませんが、震災の日の夜、空の黒は黒く、星の光は眩いほどに輝いていました。
現実に起こったことを信じなくてもいいように惑わせてくれるような、麻酔薬のような神秘的な光でした。

私はその光を避難所の運営をしながら見ました。片っ端からなくなっていく方...。私は心に蓋というか、そういうものを作らないと自分が壊れてしまいそうで、また、既に壊れていてそういう感覚もなくなっていたのかもしれません。

そんな中、星空はこの世界を守るように、暗闇の中から皆の心を照らしていました。おそらくその日が曇り空だったら、人々は平静な心を保てたでしょうか・・・。

震災の夜、被災地気仙沼は冷え込み雪が降りました。普段なら寒さにも起こってしまいそうな状況の中、皆はそれを受け入れ、励まし合い、朝日が昇るのを待ちました。

あまりに美しい星空の後に照らす太陽が私の目に映したのは、変わり果てた故郷でした...。



しばらくは司法書士試験に手を付けることはできませんでしたが、SNSを通じて参考書等を贈ってくださる方もいらっしゃり、現在の私があります。いつもは馬鹿なことばっかり書いてますが、本当に皆さんからの善意には感謝しています。

この地球上が善意にあふれ、慈善と博愛に満ちますように。

3.11の星空のもとに記す。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

プロフィール
港町に生まれ港町に育ちました。私の受験生活はこの街とともにあります。2018年に行政書士試験に合格。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
関連検索
簿記の講師承ります
以下の記事が『資格LIVE』というサイトで紹介されました!

【現役簿記講師監修】簿記3級・2級・1級の試験問題の違い、勉強時間や勉強方法を解説!(オススメテキスト、問題集も紹介!)

https://shikaku-live.jp/boki-4/

記事検索
ブログ村
お問い合わせ

blog主にこっそりと言いたいことがある人はコチラ! ご意見・ご要望お待ちしております。

名前
メール
本文
プライバシーポリシー
このblogにコメントした方の情報は、個人情報保護法等関係法令に従い適切に管理いたします。 公的機関からの調査等の場合を除いて公開いたしません。