いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

今日は丸一日かけて、新竹下合格システムの「過去問分析講座」に取り組みました。シミュレーションしたのは、平成24年の択一すべてと記述式です。

午前9時30分から始めて、まったく試験と同じ通りに時間を使いました。もう4時にはくたびれ過ぎて寝てしまいました(笑)

しかしコトの本質はそこではありませんでした!

お昼休憩で軽い昼食を摂っただけなのに眠くなる・・・。

つまり、午前一発目の民事訴訟法第1問が鬼門なのです。ここで頭が回れば勝ち、回らなければまた来年・・・ということになります。

昨日もblogで書きましたが、参考書や講義も大切ですが、基となる身体が丈夫でなければ長丁場の本試験には耐えられません。ましてや今年はマスク着用です。フェイスシールドまで配られた日には泣いてしまいますよ(笑)

でも今日の収穫は、電池切れになる時間帯は午後1問目に入るところと、商登法の択一の途中です。竹下先生は著書で「脳のスタミナ」の重要性を説いていましたが、自分で体感したことでよくわかりました。

本試験で電池が切れれば、一年間の努力が無駄とは言いませんが合格につながるものではなくなってしまいます。

今日の朝の占いは最低でしたが、学習面においてはいいものを学ばせていただきました!

共感していただけたら、ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村