tak3000

新竹下合格システム|港町の司法書士受験日記|其の二

司法書士試験への挑戦を主に書いています。 行政書士は2018年に合格し、開業準備中です。

Wセミナー

1 2月

【全2連載記事のひとつめ】平成24年本試験民法・財産法のみ

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

言い訳はしません、逃げもしません。
改正法を折り込んだ問題で年度別過去問を解くと、今の私はこれくらい
(総則・物権・債権まで16問)↓

DSC_0001 (6)


自信喪失・精神崩壊…。

問題文は竹下流過去問攻略&分析を参照してください。
(ちなみに平成24年から平成26年までは内部教材のため、TACで直販のみ)
それでなければ法務省のHPにて(改題されてないですが)。

改正民法の学習が終わるまで、債権編の問題には手を付けないという方法を採っていましたが、今の段階でこれです...。失敗でした。

確かに現行民法に従った2019年向けの過去問だと解けてるんですが、これはさすがにねぇ・・・。

竹下先生の改題の仕方が実に巧妙なんですね。

つ・・・釣られないぞ!→Hit!って感じです。

でも、最悪の原状が今ですから、ここから下がることは無い(笑)そしてこのカテゴリの最初の記事から進歩も無い。

でも、売買を間違えたのは恥ずかしすぎる><。
恥も外聞もさらけ出して、打たれて叩かれて僕は強くなる!


今回の教訓
・改正に囚われ過ぎた精神的な脆さ
・上記に基づく基礎知識と練習不足
・総則編だけは安泰だ(笑)

問いごとに検討した分析結果は次回へ続くよ。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
1 2月

司法書士試験…独学の先は黄泉か地獄か…。

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

Webライティングの仕事も、今受注している契約の最高潮部分を書いています。

そんな中わざわざ個人blogまでやってきたのにはワケがあります。
以前、人気記事のまとめをするということを宣言しながら全く手をつけていない状況でありまして、それをしに戻ってまりました。

↓先月(2020年1月の人気第二位の記事:そうだ!独学にしよう)

http://mulala.blog.jp/archives/81139709.html


現況報告

結論をいうと、Webライティングが充実している状況です。一日7時間以上はPC画面とにらめっこ・・・目も相当悪くなりました(´;ω;`)

それを優先したり勉強を優先したりと、プライオリティ(優先順位)をつけながら活動するという能力をやっと、30半ばにして手に入れました。

やはり自分のペースで仕事も勉強もできるということは私にとってとてもストレスフリーなことで、毎日が充実のエブリデイです。

睡眠時間は4時間程度。

地獄を見てきたから・・・。

ここまで自由にやれるという点では、前の仕事で地獄を見たので天国にしか感じません。いわゆるパワハラも勤めてきた会社の中ではあったのです...。

労働時間も厚労省基準を大幅に超え、家には風呂に入るためだけに帰り、会社で寝るという生活でした。

それでもね、その中に楽しさを見つけられたからよかったんですよ。それがなかったらロケットダイブしてましたね。

楽をしない、同情も要らない

ここでやっと本題に入れます(笑)

今の自分の心境としては、初めて竹下先生の講義を聴いて受験準備を始めたころの感情に近いです。

「待ってろ明るいミライ、go my way !」

ってなもんで、あっという間に一日が終わります。勉強も仕事も全力なので、22時を過ぎると眩暈がしてきます。この眩暈は病院で治る眩暈ではなさそうですね。

特に会社法をやった後が辛いっす。デュープロセスや直前チェックに条文が書いてあれば、必ず会社法の条文を読み、参照条文との関係を考え、それが登記事項だったらどのような申請書を書くのか?などを検討してました。

すると択一の勉強が記述の勉強にもなっているわけですね。

やっと分かりました、「なるほど、こういうことねって」

これまでは先生の言葉を引用してイキってましたが、独学にすることで主体的に学ぶようになりました。 

で、結局どうなのよ?

はっきり宣言します。私は以前の記事にも書いたり周りに宣言している通り、3回チャンスを与えられれば1回はモノにします。

裏を返せば、三振したら撤退するということです。

それくらいのチカラでやってます。税理士試験も、ギリギリ崖の上を行くようにフラフラになりながらやってましたが、それが楽しいんです。生きてることを感じられるんですね。

独学に切り替えた結果のまとめ

結果として・・・良かったと思ってます。
確かに流される講義を見ているという点では、「講義受けてんじゃん」「ずるいじゃん」となる批判はあえて受けます。

私が感じたのは、竹下先生が「私の言った通りにやれば3回チャンスがあれば受からないことはありません」と説明したことを、文字通りに受け取ってしまったことが問題だったのではないかと思ってます。

先生の言ったことが30人いれば30通りの解釈の仕方があるわけでして、妄信しろとは一切言ってないわけですよ。ここが穴でしたね。

これから司法書士試験に挑戦しようとか、行き詰まっている方にアドバイスできる立場にない、「しくじり先生」からのコメントで締めますが、最後は自分の頭で考えるということが大切だと気づきました。

これは簡単なことじゃありません。私も大風呂敷を広げた以上は思いっきりやってやろうじゃありませんか。

それでは各々・・・ぬかりなく...。


にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村


8 1月

これまでの学習時間1

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。






時間記録宣言から時間が経ってしまいました。個人的に忙しかったとはいえ、宣言したことをやらない不誠実な性格が出てしまい、お恥ずかしい限りです。


2020/01/05
・刑法・・・3時間

2020/01/06
民事訴訟法・・・3時間
刑法・・・1.5時間
民法・・・3時間

2020/01/07
激鬱で学習できず

いやー、本試験の年になっているのに、これしかやってないと客観的に見てショックを受けています。
1月6日はそれなりにできましたが、まだまだ...。

気合を入れ直して頑張ります。

なお、これまでの学習時間記録はスマホ変更により消えてしまいました(誤って消してしまった)。
これを機に新たにカウントしたいと思います。

勉強時間累計約10.5時間

内容のないblog記事となりましたが、今回はここまで。
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
5 1月

フリーランスから司法書士へ!

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

新年早々に勉強させていただいたことがありました。
いま、仕事の都合で、とある検定に挑戦しています。

一回落ちました。

B'zの歌詞に

「人は過去に学び 前に進むはずだ」

という一節があります。

この一回の失敗を、成功(合格)するためにどうすればいいのか、仕事をしながら考えが浮かんでは消え・・・。

要するにですよ、私の頭は馬さんと鹿さんなので、相当準備をしなければいけないという結論に至りました。

講義動画をあたら時間を消費するように、眺めているだけでした。

そう気づいたら、講義で分からないところ、大事なところはメモ、講義で分かりにくかったところの再視聴用に該当時間を記録、画面を止めたり、巻き戻したりして、大層な受験ノートができました。

そして思いました。

「これを司法書士試験の受験準備でもやれよ!」

今年の司法書士試験まであと半年…。物理的に不可能ではないから可能にします。してみせます。

今日からこのカテゴリに勉強時間と勉強内容を書き込んでいきます。

昨日から仕事始めだったもので、、、と言い訳しません。

竹下講師の受講生として、悔いの無い終わり方をしたいと思います。

【読者の皆様、司法書士受験生の方歓迎】
ちょっとでも手を抜いたと思ったら、コメント欄で叱ってください。
たぶん落ち込みますけど、前に進む材料になりますので。

本年度は厳しくお願い申し上げます。


にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

28 12月

リセットボタンは何回も押せない...という話

いつもblogをご覧いただきありがとうございます。

他のサイトで、大変貴重な意見を賜りました。
この万年不合格者が、個人のブログで最上段に構えているこの現状自体がおかしいのだと思います。

「個人blogだから勝手にしろよ」

との声もあるかもしれませんが、私のblogは太陽系にはないようです。

あるのははるか彼方、アンドロメダです。

人にあーだこーだいう前に、手前がキチンとしとけって話でした。

勉強が嫌になったわけじゃない。嫌になったらやめたらいい。単純な理屈なのに、やたら使命感を抱いてなんかやってる。

「人生にリセットボタンはない」

悲しくも美しいこの法則。逆らう気はありません。

ただ、軌道修正をすることはできると思うのです。

竹下先生が良くおっしゃってました。

「一個一個は簡単なのに、量が膨大すぎるから道を見失う」

「答練は受けるなら受けてもいいけど、時間とカネの無駄ですよ」

「私の言った通りにやってください。やれと言ったことをやり、それ以外はやらないで下さい。やる必要がありません。頭の程度が悪そうだなと思った受講生でも、私の言ったとおりにしたら合格しました。」←これ大事だってこと忘れてた…。

はじめて竹下合格システムの教材が届いて開封した場所で、この記事を書いてます。

堕ちてはいけないところに堕ちてしまったんだな・・・と反省中。

反省だけなら猿でもできる。

身体虚弱精神脆弱、上等!

持ってるもんでやるしかないだろう!

「ポチと言われたらワン!という覚悟で」その通りにやります。

きっといい気持ちだぜ?

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
プロフィール
港町に生まれ港町に育ちました。私の受験生活はこの街とともにあります。2018年に行政書士試験に合格。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
関連検索
簿記の講師承ります
以下の記事が『資格LIVE』というサイトで紹介されました!

【現役簿記講師監修】簿記3級・2級・1級の試験問題の違い、勉強時間や勉強方法を解説!(オススメテキスト、問題集も紹介!)

https://shikaku-live.jp/boki-4/

記事検索
ブログ村
お問い合わせ

blog主にこっそりと言いたいことがある人はコチラ! ご意見・ご要望お待ちしております。

名前
メール
本文
プライバシーポリシー
このblogにコメントした方の情報は、個人情報保護法等関係法令に従い適切に管理いたします。 公的機関からの調査等の場合を除いて公開いたしません。